(一社)会津若松市公設地方卸売市場協会

会津における唯一の公設市場として市民の消費生活の安定と、安心・安全な食の提供に努めております
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
毎月第4土曜日「旬の食彩市」開催
毎月第4土曜日、「旬の食彩市」
市場内関連商品売場棟のみ開放

【日時】3/27(土)午前10時〜午後1時 ※次回は4/24(土)
【場所】会津若松市公設地方卸売市場内 関連商品売場棟
    会津若松市一箕町大字鶴賀字船ケ森東470
【主催】旬の食彩市実行委員会
【問い合わせ】会津若松市公設地方卸売市場協会 TEL 0242-25-0355
 
会津若松市が開設している、市公設地方卸売市場内の関連商品売場棟を開放し、いつも新鮮で安全・安心な食材が取引されている市場の実態を知って頂くことによって市場の活性化につなげようと、入店している業者が中心となって実行委員会を設置し、3月から毎月第4土曜日、午前10時から午後1時まで「旬の食彩市」と称して開催することになりました。
(写真:会場となる関連商品売場の全景)

入店業者の顧客は年々減少の一途をたどるとともに、卸会社の売上も低迷しております。こうした中で場外への納入業務を行って売上を維持しているのが現状であります。
少しでも景気低迷を打開するためには、時代に適った市場開放が出来えるための市場の規制緩和により、一般消費者を対象とする定期市が市場活性化事業の一環からやっている例が増えております。このことを受け当市場においても他市場同様に定期的に開放することを決めたものであります。

何といっても、どんな食材であろうとも市場に入荷されるものは、食の安全の観点から記録が正確に把握され、食品衛生管理面なども万全を期して対応にあたっているところであります。
当日は、新鮮で安全・安心そして安価な生鮮食品等の工夫を凝らした即売、また我々市場関係者がいつも利用している食堂では、市場から仕入れた新鮮な食材を使った特別メニューをもって、多くのご来場者を心よりお待ちいたしております。

※青果棟・水産棟施設などには入れませんのでご了承ください。

●今後の「旬の食彩市」の開催予定日

平成22年
4/24(土)、5/22(土)、6/26(土)、7/24(土)
8/28(土)、9/25(土)、11/27(土)、12/25(土)
※10月は市場まつりにより休止

平成23年
1/22(土)、2/26(土)、3/26(土)
市場内で会津冬の伝統行事「歳の神」実施される
 小正月行事「歳の神」を1月15日(金)午後12時30分市場内で実施いたしました。前日の諸準備段階では大吹雪でありましたが、当日は雪も降ることなく大変良い天気に恵まれた中、各社より多数の方々が集まりました。持ち寄った鏡もち・スルメを焼きながら、今年一年の無病息災・商売繁盛などを願い、心も体も温まるひとときを全員で楽しむことが出来ました。

さいのかみ さいのかみ

●「歳の神」の由来とは

一説によれば、農産物の害虫や病気の菌を焼いて、五穀豊穣を祈願したものと言われております。
歳の神の火にあたると病気をしない、火で焼いた餅を食べると風邪をひかない・頭が痛くならないなどの言い伝えがあるそうです。
平成22年新年会開催される
新年会 平成22年1月9日(土)恒例の市場協会新年会が市内において開催されました。
 当日は、来賓並びに多くの会員の方々に出席いただき、竹俣信介会長にかわって片平忠秀副会長の年頭挨拶のあと、開設者であられる菅家一郎会津若松市長、田澤豊彦市議会議長よりご祝辞を賜り、その後、来賓者と当会役員とで一年の商売繁盛を願って鏡開きを行い、長谷川光雄産業経済委員長に乾杯の発声後、懇談に入りました。

新年会 新年会
新年会 新年会
新年会 新年会

 平成22年は、市場開設35周年を迎えることから、これを記念した「市場まつり」を盛大に開催されることを機会に、市場活性化につながることを期待しながら、新春に相応しい楽しい新年会となりました。
活気ある市場初せりでスタート
午前6時から会津若松市公設地方卸売市場で恒例の初せり式が行なわれました。
当日、前日からの大雪が心配されたものの、ことのほか雪が吹く中でありましたが、市場は活気にあふれてのスタートとなりました。

初せり式は、水産と青果の両部門の売場で行われ、例年のことながら開設者であられる菅家一郎会津若松市長から「市民に安全で安心の出来る食の確保に努力し、より信頼される市場創りを致したい」との挨拶がありました。

他多くの国会議員、県議会議員、市議会議員そして市場関係者も出席し、この一年の市場の繁栄を誓い合い、それぞれの卸会社代表による音頭で全員三本締めで初せり開始を祝いました。

初せり 初せり

なお、当市場は、おかげ様で35周年を迎えることから、これを記念し市場開放による「市場まつり」の開催を通じ、創意工夫を盛り込んだ更なる市場活性化が図られるものと確信しております。

初せり 初せり

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.