会津若松市公設地方卸売市場協会

会津における唯一の公設市場として市民の消費生活の安定と、安心・安全な食の提供に努めております
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
市場開設40周年「公設市場まつり」開催
【日時】平成27年10月4日(日)午前8時〜午後1時
【会場】会津若松市公設地方卸売市場
     会津若松市一箕町大字鶴賀字船ケ森東470

会津若松市公設地方卸売市場開設40周年を記念して、公設市場まつりが開催されます。
日頃、市場で取り扱われている青果物、水産物、花き、関連商品などの即売をはじめ、
マグロの解体実演販売が2回にわたって行われます。また、模擬セリ体験・市場ウルトラジャンケン大会等に加え、
アクアマリンふくしまの移動水族館の展示などが行われます。
ぜひこの機会に、ご家族お揃いで「公設市場まつり」にお越しください。



【主催】会津若松市公設地方卸売市場開設40周年記念大会実行委員会
【お問い合わせ先】会津若松市公設地方卸売市場開設40周年記念大会実行委員会
             会津若松市公設地方卸売市場内 TEL 0242-25-0355
平成22年度・先進地市場視察研修会報告 (石巻青果花き地方卸売市場)

平成221023日に、市場協会会員15名が参加して新市場の石巻青果花き地方卸売市場を視察してまいりました。当日は、蠕亟青果の高須賀専務さんから施設を案内していただき、また、懇談会では各担当責任者にも出席していただき、大変有意義な研修をすることができました。

この新市場は、元々、石巻市の公設市場でありましたが、開設者(市)からの意向もあって平成172月に民営化し、同時に青果卸の石巻青果が市場運営会社(開設者)となりました。しかし、施設は民営化以前から雨漏りがするほど老朽化並びに狭隘していたため、今年の15日より東松島市に新設移転し開業となりました。新市場は、東北の地方市場では弘前に次ぐ大きさの62千平方メートルの敷地に、延べ床面積約14千平方メートルの大きさで、総事業費23億円をもって新設をいたしました。移転場所も、石巻市と東松島市のほぼ真ん中に位置し、三陸自動車道の石巻港インターチェンジの近くであることから、交通の利便性、将来の発展性が期待されるところであります。

現在は、年間取扱数量が67千トン、取扱高は150億円でありますが、将来的には、200億円を目指しています。

また、卸売棟、物流棟、倉庫、廃棄物集積所、守衛所の5棟体制で設置してありコンパクトな構成になっております。特に大きな特徴は、品質管理・衛生管理を図るために全館クローズ型をとっており、卸売棟と物流棟の間には大屋根を設置し雨天および降雪に対しての配慮をしています。また、温度管理に対して農林水産省の推薦する3温度帯管理を徹底し低温売場を大きくとりました。物流棟には仲卸の分荷場を併設し効率化を図っています。分荷場にはターミナルを設置し量販店の配送に配慮した設計になっています。

小口買参人に対しては、卸売棟に仲卸売場ゾーンを形成し賑わいゾーンとしました。代払機関である石巻青果連合商業協同組合の購買店舗を隣接させ仕入れのワンストップ化を進めています。

 

以上のとおりご報告させていただきます。なお、次回も市場視察研修会を実施いたしたいと考えておりますので会員多数の出席方を宜しくお願いいたします。


先進地市場視察研修会報告1
新市場の全景
先進地市場視察研修会報告2
開設者側との懇談会
先進地市場視察研修会報告3
先進地市場視察研修会報告4
先進地市場視察研修会報告5
先進地市場視察研修会報告6

「まちづくり」のために寄附をする

去る103日(日)に開催した「公設市場まつり」において、チャリティ福袋の販売および即売会を行なったところ、皆様のご厚意によって多くの収益が寄せられました。当委員会では「まちづくり全般のために活用する」ための資金として9万円を寄附することにいたしました。1129日午前1145分より市長室において、当委員会を代表して竹俣実行委員長から菅家市長に寄附金を手渡しいたしました。

まちづくり寄附
菅家市長(写真右)に寄附金を手渡す竹俣実行委員長(写真左)
― 市場開設35周年記念 ― 公設市場まつり開催される!

この度、開設35周年を記念して、広域公共性を併せもつ公設市場を広く一般市民に開放し、生鮮食料品等の円滑な需給調整と流通について理解と認識を深める事を目的に、去る103日(日)午前8時から午後1時まで当市場において、「公設市場まつり」を開催しました。開設者をはじめ来賓多数の出席のもとに開会セレモニーを行い、開設者並びに主催者による挨拶をそれぞれ頂戴いたしました。引き続いて代表者によるテープカットを行い、これを合図に入場となりました。

この日は、早朝から35周年にふさわしい好天に恵まれ、周辺では多くのイベントがあったにもかかわらず大盛況となって、約6千人が来場してくれました。

各ブースでは、水産・青果・花き・関連店で、それぞれ工夫をこらした商品をおまつり価格で即売しました。特に、水産即売班においては、昨年の市制110周年の市場まつりで保健所の指導によりマグロ解体実演販売の中止が余儀なくされたが、今回のまつりで専用の仮設プレハブを用意することで実施が可能となりました。このおかげで生マグロを買い求める多くの人で列をつくっていました。また、青果の即売については、前回同様に売場を開放して販売にあたりました。この事から来場者は、日頃、あじわうことの出来ない市場の雰囲気に直接ふれて頂いたことが相乗効果となって売場内は多くの人でにぎわいを見せておりました。また、イベント部会では今回も来場者の先着500人にエコバッグを市場記念品として無料で配付をいたしたところオープン前から、長い列となりました。そして、前回好評であったアクアマリンふくしまの移動水族館が再び来場してくれたおかげで、子供連れの見学者で、一日中賑わっていました。その他、特設ステージではイベント部会が中心となって色々なゲーム等が行われ、お蔭様で来場者から大変好評を博し、予定とおりの午後1時に無事閉幕となりました。

これもひとえに、市当局をはじめ実行委員会並びに関係者各位のご協力の賜物であります。

終わりに、公設市場まつりが盛大に開催できましたことに感謝し、これを契機により一層の市場活性化を図ってまいります。

前日の準備から当日のお手伝いをくだされた方々に心より感謝を申し上げ、以上をもって公設市場まつりのご報告にかえさせていただきます。


市場まつり報告1
市場まつり会場全景
市場まつり報告2
主催者 挨拶 竹俣委員長
市場まつり報告3
開設者 挨拶 市長代理の鈴木副市長
市場まつり報告4
市場まつり報告5
市場まつり報告6
市場まつり報告7
市場まつり報告8
市場まつり報告9
市場まつり報告10
市場まつり報告11
市場まつり報告12
市場まつり報告13
市場まつり報告14
市場まつり報告15

市場開設35周年 「公設市場まつり」
【日時】平成22年10月3日(日)午前8時〜午後1時 雨天決行
    ※販売は8時15分からです。
【場所】会津若松市公設地方卸売市場
    会津若松市一箕町大字鶴賀字船ケ森東470
【主催】会津若松市公設地方卸売市場まつり実行委員会
【問い合わせ】会津若松市公設地方卸売市場協会内
        公設市場まつり実行委員会 TEL 0242-25-0355

卸売市場が変わりつつある。
これまでは、一般消費者の入場を禁じていた市場であったが、今や門戸を広げているところである。現在、周知のとおりに本年の3月から関連事業者が中心となって、市場活性化の関係から関連店舗売場の施設を活用して、毎月第4土曜日に午前10時から午後1時までの3時間を開放して販売を行っている。消費者には手頃な価格で新鮮な生鮮品等を提供しよろこんでもらっているところであります。
こうした中で、今回は市場開設35周年を記念とする「公設市場まつり」が周年事業として盛大に開催されます。当日のまつりは、日頃から取り扱われている多くの青果物・水産物・花き・関連商品等を即売いたします。
特に、マグロの解体実演による販売が2回行われます。(第1回目午前9時30分/第2回目午前11時)また、消費者が参加して行われる模擬セリや昨年、大好評だったアクアマリンふくしまの移動水族館車(アクアラバン)が再びやって来ます。なお、当日はご来場記念品として先着500名様にエコバックを一家族に1枚プレゼントさせていただきます。他にも多くのイベントが盛りだくさんの内容となっておりますので、ぜひとも、多くの方々にご来場下さるよう心からお待ちいたしております。

※催しの内容等を変更する場合もございますので予めご了承ください。
毎月第4土曜日「旬の食彩市」開催
毎月第4土曜日、「旬の食彩市」
市場内関連商品売場棟のみ開放

【日時】3/27(土)午前10時〜午後1時 ※次回は4/24(土)
【場所】会津若松市公設地方卸売市場内 関連商品売場棟
    会津若松市一箕町大字鶴賀字船ケ森東470
【主催】旬の食彩市実行委員会
【問い合わせ】会津若松市公設地方卸売市場協会 TEL 0242-25-0355
 
会津若松市が開設している、市公設地方卸売市場内の関連商品売場棟を開放し、いつも新鮮で安全・安心な食材が取引されている市場の実態を知って頂くことによって市場の活性化につなげようと、入店している業者が中心となって実行委員会を設置し、3月から毎月第4土曜日、午前10時から午後1時まで「旬の食彩市」と称して開催することになりました。
(写真:会場となる関連商品売場の全景)

入店業者の顧客は年々減少の一途をたどるとともに、卸会社の売上も低迷しております。こうした中で場外への納入業務を行って売上を維持しているのが現状であります。
少しでも景気低迷を打開するためには、時代に適った市場開放が出来えるための市場の規制緩和により、一般消費者を対象とする定期市が市場活性化事業の一環からやっている例が増えております。このことを受け当市場においても他市場同様に定期的に開放することを決めたものであります。

何といっても、どんな食材であろうとも市場に入荷されるものは、食の安全の観点から記録が正確に把握され、食品衛生管理面なども万全を期して対応にあたっているところであります。
当日は、新鮮で安全・安心そして安価な生鮮食品等の工夫を凝らした即売、また我々市場関係者がいつも利用している食堂では、市場から仕入れた新鮮な食材を使った特別メニューをもって、多くのご来場者を心よりお待ちいたしております。

※青果棟・水産棟施設などには入れませんのでご了承ください。

●今後の「旬の食彩市」の開催予定日

平成22年
4/24(土)、5/22(土)、6/26(土)、7/24(土)
8/28(土)、9/25(土)、11/27(土)、12/25(土)
※10月は市場まつりにより休止

平成23年
1/22(土)、2/26(土)、3/26(土)
市場内で会津冬の伝統行事「歳の神」実施される
 小正月行事「歳の神」を1月15日(金)午後12時30分市場内で実施いたしました。前日の諸準備段階では大吹雪でありましたが、当日は雪も降ることなく大変良い天気に恵まれた中、各社より多数の方々が集まりました。持ち寄った鏡もち・スルメを焼きながら、今年一年の無病息災・商売繁盛などを願い、心も体も温まるひとときを全員で楽しむことが出来ました。

さいのかみ さいのかみ

●「歳の神」の由来とは

一説によれば、農産物の害虫や病気の菌を焼いて、五穀豊穣を祈願したものと言われております。
歳の神の火にあたると病気をしない、火で焼いた餅を食べると風邪をひかない・頭が痛くならないなどの言い伝えがあるそうです。
平成22年新年会開催される
新年会 平成22年1月9日(土)恒例の市場協会新年会が市内において開催されました。
 当日は、来賓並びに多くの会員の方々に出席いただき、竹俣信介会長にかわって片平忠秀副会長の年頭挨拶のあと、開設者であられる菅家一郎会津若松市長、田澤豊彦市議会議長よりご祝辞を賜り、その後、来賓者と当会役員とで一年の商売繁盛を願って鏡開きを行い、長谷川光雄産業経済委員長に乾杯の発声後、懇談に入りました。

新年会 新年会
新年会 新年会
新年会 新年会

 平成22年は、市場開設35周年を迎えることから、これを記念した「市場まつり」を盛大に開催されることを機会に、市場活性化につながることを期待しながら、新春に相応しい楽しい新年会となりました。
活気ある市場初せりでスタート
午前6時から会津若松市公設地方卸売市場で恒例の初せり式が行なわれました。
当日、前日からの大雪が心配されたものの、ことのほか雪が吹く中でありましたが、市場は活気にあふれてのスタートとなりました。

初せり式は、水産と青果の両部門の売場で行われ、例年のことながら開設者であられる菅家一郎会津若松市長から「市民に安全で安心の出来る食の確保に努力し、より信頼される市場創りを致したい」との挨拶がありました。

他多くの国会議員、県議会議員、市議会議員そして市場関係者も出席し、この一年の市場の繁栄を誓い合い、それぞれの卸会社代表による音頭で全員三本締めで初せり開始を祝いました。

初せり 初せり

なお、当市場は、おかげ様で35周年を迎えることから、これを記念し市場開放による「市場まつり」の開催を通じ、創意工夫を盛り込んだ更なる市場活性化が図られるものと確信しております。

初せり 初せり

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.